交通事故治療

交通事故治療

TRAFFIC ACCIDENT TREATMENT

当院は、交通事故の後遺症・ムチ打ち症、その他交通事故が原因となった様々な症状でお悩みの方々や、治療を受けてはいるけど、あまり良くならないので困っているといった方々のご相談・施術に力を入れております。
出来る限り早く痛みを緩和し、苦しい日々から解放され、以前の快適な生活に戻って頂けますよう、全力でサポートいたします。

こんなお悩みはありませんか?

  • 事故直後は問題なかったが、後から痛みが出てきた
  • むち打ち症で悩んでいる
  • 費用がいくら掛かるのかわからない
  • 今通院中の病院では痛みが取れない
  • 交通事故に遭ったが、どうしていいのかわからない
  • 事故後、体調がなかなか良くならない
  • 保険会社との交渉の仕方がわからない

こんなお悩みをもっている方は、石渡整骨院にお任せ下さい! 当院は、交通事故による症例に強い整骨院です。患者様お一人お一人の症状に合わせた最適な施術方法を選択いたします。

当院の院長は、臨床経験28年のベテランで、今までも交通事故の痛みでお悩みの患者様を数多く施術してきた豊富な実績と経験があります。
交通事故の痛みでお悩みの方は、一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。

当院の5つの強み

1
交通事故に強い

交通事故対応の経験が豊富なので、適切なアドバイスが可能です。

2
臨床経験が32年

長年の経験・実績により、様々なつらい症状を改善に導くお手伝いをします。

3
待ち時間にマッサージ

足のマッサージ器などを無料にてご利用いただけますので、待ち時間の際にお使いください。

4
通いやすい時間帯

始業時間前、昼休みの施術など、臨機応変に応じますので、ご相談ください。

5
広い駐車場

広い駐車場を完備しておりますので、駐車の苦手な方でも安心して車が停められます。

交通事故による施術費について

交通事故による症状改善を目的にした施術を受けることができます。
交通事故の場合は、自賠責保険適用となるため、ご本人の自己負担は減免されますので、ご安心ください。

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)は、全ての自動車・バイクに加入が義務づけられている「強制保険」です。
交通事故の被害者が必ず最低限の補償を受けられることを目的とする、国の保険制度ですが、もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険により、一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。

むちうち症で
気をつけたいこと

THINGS WATCH OUT FOR WHIPLASH

交通事故による症状の改善を目指す場合は病院だけではなく、前述したように整骨院も利用できます。
病院での交通事故治療だけではなかなか改善されないとお悩みなら、整骨院を利用するのも一つの方法です。
病院・整骨院の2つを利用し、症状改善を進めることで、痛みに対して様々なアプローチが可能になります。

分かりにくいむちうち症の原因

むちうち症は、事故などの強い衝撃で首がむちのようにしなり、強制的に首が可動域以上の動きをし、筋肉・靭帯などが損傷して起こります。
むちうち症の多くは交通事故後で、数日経ってから発症します。

病院では、レントゲンやMRIで検査を行いますが、レントゲンは骨の異常を検査するものですから、骨折は確認できても筋肉や靭帯の損傷までは確認できません。
また、椎間板や軟部組織を検査するMRIで異常がなくても、痛みがある場合は注意が必要です。
むちうち症で大切なのは、痛みに対してアプローチすることです。

むちうち症は放置してはいけない

痛みがあってもシップを貼れば大丈夫だと考える方がいますが、むちうち症で一番怖いのは、放置したまま時間が経過したあとに、痺れ・頭痛・めまいなどの症状が出てしまうことです。また、頚椎周辺の筋肉や靭帯が損傷を受けたことで筋肉がこわばり、血液循環が悪くなってしまい、症状が改善するまでに長い時間を要してしまいます。

病院の交通事故治療は、シップや投薬の処方、牽引や電気治療などの物理療法がメインとなる為、筋肉のこわばりに対するアプローチとしては不十分です。
ですが、整骨院は手技や電気機器などを使用し、その人の症状に合わせたアプローチを行うので、痛みがある部位だけではなく、トータルで症状を確認していきます。

病院と整骨院は、それぞれ得意としている分野が異なりますので、むちうち症で悩まない為にも、2つを併せてご利用することをおすすめします。
つらい後遺症で悩まない為にも適切な処置やリハビリを行いましょう。

むちうち症の後遺症で
悩んでいる方に

TO THOSE WHO ARE SUFFERING FROM AFTEREFFECTS OF WHIPLASH INJURY

むちうち症は、交通事故や激しく衝突するスポーツによく見られる症状です。
むちうち症は発見が遅れると取り返しのつかないことになるため、できるだけ早期に治療を受ける必要があります。
病院で専門的な治療を受けるだけではなく、日常生活でも気をつけることがいくつかあります。

交通事故の症例において、むちうち症は多く見られます。
むちうち症は症状が一進一退するのが特徴で、治ったなと感じても症状がぶり返してしまうことがあります。
次のような症状が出たら最寄りの病院へ足を運びましょう。

「身体を少し動かしただけで症状が出る」「痛み・違和感のある箇所が広がったり変わったりする」「朝方・夕方に痛みが出る、天候の変化や寒さにより症状が出る」「眠りづらくなる」などです。
これらは、むちうち症の後遺症の一部に当てはまりますので、初期の治療を受け医師の指導に従い安静にしましょう。

改善しても油断できない

むちうち症は目に見えないので、完全に良くなったかどうか判断するのが難しいです。
筋肉・靭帯の損傷は確認しづらく、場合によって治療のために病院に通い続けることもあります。
専門的治療を受けることで、一時的に身体のバランスが良くなり痛みが和らぎますが、少しのショック・天候の変化・着ている服などにより体調に影響することもあります。
適切な治療を受ける以外に、医師の生活指導を受けることも大切なことですので、快復してきたからといってケアを疎かにしてはいけません。

女性は特に注意

女性は男性に比べると筋肉量が少なく、首が細くて衝撃を受けやすくなる場合が多くあります。 日本人女性はなで肩体型で、肩の周りの筋肉が少ないため、首にむちうちの影響が出やすいのが特徴です。 交通事故・スポーツでの激しい衝突により、むちうち症を引き起こしやすくなる可能性も高くなります。

交通事故の場合だと、事故後のショックや加害者とのやり取りが増えることになると思います。 女性はストレスが身体に出やすいため、事故のストレスが原因で、症状がさらに悪化してしまう可能性があります。 心身共にストレスを溜めないためにも、施術を通して身体を回復させましょう。