コラム

自賠責保険とは?適用の条件などを解説

自賠責保険は交通事故のときに役立つ保険です。

ただ、すべての交通事故で使えるわけではありません。

自賠責保険にも適用の条件があるのです。

交通事故治療に力を入れている整骨院が、自賠責保険の適用条件について説明します。

■自賠責保険とはどのような保険なのか?

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険契約)は、車を運転する場合に強制的に加入しなければならない保険です。

車を運転していると、どれだけ安全運転を心がけても事故のリスクをゼロにはできません。

仮に任意保険だけだと、任意保険に加入していなければ、交通事故の被害者は「加害者にお金がないから」「保険に加入していないから」などの理由により、補償すらろくに受けられない可能性があります。

交通事故の被害者を救済するために存在する強制加入の保険が自賠責保険なのです。

■自賠責保険が適用される条件とは?

自賠責保険は適用条件を満たしている交通事故の被害で使えます。

自賠責保険の主な適用条件は次の通りです。

適用の条件①自動車による事故である

自賠責保険が適用されるのは「自動車・自動二輪車による事故」です。

歩いていて転んでしまったなど、自動車が関わっていない事故は原則的に適用条件外になっています。

適用の条件②他人への損害である

自賠責保険は交通事故の被害者を救済するための保険です。

そのため、他人を死亡させたり、怪我をさせたりした場合が適用条件になります。

自動車の運転者は自賠責保険の適用条件の対象外です。

物への損害も自賠責保険の適用対象外になっていますので、注意してください。

適用の条件③交通事故の被害者が死亡や怪我をした

自賠責保険は被害者が交通事故で死亡したケースや、怪我をしたケースに適用されます。

この他に、被害者に交通事故による後遺障害が残った場合も適用条件の範囲内になっています。

なお、交通事故の被害にあったからと言って無制限に補償を受けられるわけではありません。

自賠責保険には被害者1人に対する限度額が定められています。

自賠責保険で補償を受けられるのは「限度額まで」という適用条件があります。

注意事項:交通事故の被害者に重大な過失がある場合は注意

自賠責保険は交通事故の被害者を救済するための保険です。

そのため、過失があっても即座に問題になるわけではありません。

ただ、交通事故の被害者に重大な過失がある場合は、自賠責保険が減額される可能性があるのです。

交通事故の過失などについて困ったことや分からないことがあれば、弁護士に相談しておくことをおすすめします。

■最後に

自賠責保険は交通事故のときに使える強制加入の保険です。

自賠責保険については日本損害保険協会や国土交通省に分かりやすい説明がありますので、一読をおすすめします。

適用の条件などについても説明があります。

https://www.sonpo.or.jp/insurance/jibai/index.html

https://www.mlit.go.jp/jidosha/jibaiseki/about/overview/index.html

当整骨院は交通事故治療を多く手がけています。「交通事故治療に保険を使いたい。使えるか?」「交通事故治療の流れは?」など、分からないことがあればお気軽にお問い合わせください。

交通事故治療のことなら、札幌の石渡整骨院にお任せください。

自賠責保険とは?適用の条件などを解説