コラム

新川の交通事故による治療は当整骨院へ

■事故から時間がたって出る痛み

交通事故の直後に外傷や痛みがなくても、交通事故から時間が経って痛みが出てくる「むちうち症」などがあります。

むちうち症とは、交通事故などによって首に大きな衝撃を受けることによって起きる症状です。

むちうち症の特徴は、交通事故から数日経ってから症状が出るところになります。

交通事故の直後は外傷がなくても「見えないところに不調や怪我が隠れているのではないか」とMRIやレントゲンによる検査を受けることもあります。

しかしながら、レントゲンやMRIの検査は基本的に骨の異常を検査するものなので、筋肉や靭帯などの異常は分かりません。

交通事故直後に痛みがなくても、そして病院でレントゲンなどの検査をしていても、安心はできないということです。

交通事故から数日ほどの時間を置いて首の痺れや痛み、頭痛、めまいなどの症状が出たら、むちうち症を疑った方が良いでしょう。

中にはむちうち症の症状が出たときに市販の湿布や鎮痛薬などで対処しようとする人もいますが、このような処置では筋肉のこわばりや血液循環の悪化から、症状が落ち着くまでに長い時間を要することも珍しくないのです。

交通事故から時間が経ってむちうち症の症状が出たら、最寄りの整骨院で処置を受けてはいかがでしょう。

■整骨院の役割

交通事故後にむちうち症の症状が出た場合は、病院の処置も基本的に湿布や投薬などが中心になります。

医師に診察して適切な処置を受けることも確かに重要ですが、むちうち症の場合は最寄りの整骨院で筋肉に対する適切なアプローチを受けることも重要です。

最寄りの整骨院に足を運べば、その人の筋肉の状況や交通事故後のむちうち症の状態に応じて、手技や電気機器などによる筋肉へのアプローチを受けることが可能です。

一言にむちうち症といっても、筋肉のこわばりや症状の出方などは、かなり個人差があります。

投薬や湿布といった一般的な処置では対応できない個人に合わせた処置をすることが整骨院の役割です。

病院と整骨院は得意分野が違います。

整骨院は整骨院の得意分野を活かして、交通事故の後遺症や事故後の不調の改善を目指すわけです。

■最後に

交通事故の直後に外傷や痛み、不調がなくても、交通事故から数日ほど経過して首の痛みや痺れ、頭痛、めまいなどの不調が表れることがあります。

交通事故などの衝撃から時間が経って表れるのがむちうち症の特徴です。

むちうち症は自分で鎮痛剤や湿布などで対処しようとする人もいます。

また、病院の湿布や投薬などで処置しようとするケースもあります。

投薬や湿布だけでは筋肉のこわばりへのアプローチができません。

整骨院は個人の筋肉の状態に合わせてアプローチすることを得意としています。

交通事故後の不調では、整骨院の得意分野を活かしてはいかがでしょう。

交通事故後のむちうち症は新川駅からの徒歩5分にある、石渡整骨院にお任せください。