コラム

【交通事故後の肩こりや腰痛でお悩みの方へ】

交通事故後、肩こりや腰痛といった症状が出てしまうことがあると言われています。

交通事故といえば、むち打ちになる方が多いというイメージをされる人も多いでしょう。

しかし、むち打ち以外に、肩こりや腰痛などの症状を訴えられる方も意外といるのです。

交通事故後の肩こりや腰痛は、どのようなことが原因で起こるのでしょうか。

<交通事故後の肩こりや腰痛の原因は?>

交通事故後の肩こりや腰痛はどうして起こるのでしょうか。交通事故後の肩こりは運転していてハンドルをぎゅっと握った時に腕に力が入り過ぎてしまって発生したり、車が横転し肩の周辺を強打した場合や、シートベルトによって胸骨が圧迫されることなどで発生すると言われています。

腰痛は、交通事故の衝撃で背骨や骨盤が歪んで腰痛になってしまう。もともと腰痛があってさらに痛みが強くなってしまう、交通事故がきっかけで椎間板ヘルニアを発症してしまうなどがあると言われています。

この他にも、交通事故によるストレスから、自律神経のバランスが乱れることで身体の血流も悪くなってしまい肩こりや腰痛が発生することもあるため、交通事故後の肩こりや腰痛は様々な原因が考えられると言えるでしょう。

<交通事故後の痛みを取るには痛みを取る治療だけでは難しい>

交通事故後の治療は、整形外科を受診される人が多いようですが、整形外科ではレントゲン撮影などを行い、痛み止めの処方で痛みを緩和していくという治療が行われます。

肩こりや腰痛の痛みが、強打したことが原因であれば痛みをおさえる治療を行うことで改善されるでしょう。しかし、それ以外の原因も考えられる場合、痛みをおさえる治療だけでは完治させることが難しいのです。

特に交通事故後は、どうしても気分が沈んでしまいがちです。

なかなか眠れない、不安になってしまうという人も多いです。これらは自律神経のバランスを整えることで解消されていきます。

そして、自律神経のバランスの乱れが整うことで、痛みのケアにも繋がっていくのです。

できれば整形外科の治療と並行し、自律神経のバランスを整えていく治療法も加えることをおすすめします。

整形外科に行ってもなかなかよくならないという人も、自律神経のバランスを整えていくことで早期完治に繋がります。

<交通事故後の肩こりや腰痛は石渡整骨院へ>

交通事故後の肩こりや腰痛は、自律神経のバランスから起きていることもあるため、痛みを取って筋肉や骨などのケアを行う治療だけでは改善が見られない場合があります。

当院では、自律神経失調症で悩まれる方も沢山来院されていますが、交通事故後の肩こりや腰痛のお悩みも対応可能です。

まずはお気軽にご相談ください。