ブログ

交通事故に遭ってしまったら

通常自分が被害に遭うとは思っていないので、結構どうしたらいいかわからない人が多いです。

まずは

1、相手の情報を確認する。(今はスマホで殺映画できるので免許証の確認と連絡先の確認)

2、警察に連絡SI事故の届でをする。(加害者が行うべき)

3、事故状況の証拠の収集( ドライブレコーダーの確認等)

4、保険会社に連絡

5、速やかに病院を受診し診断書をもらう



大したことがないと思っていても、その場で「人身事故にはしないで物損事故にします」と言わないこと。

実際には後から人身事故の届でをすることは全然問題ないのですが、一般的になぜか「最初に人身事故にしないと言ってしまっtから」と言って人身事故の届け出をしない人が多いのです。

相手側の保険会社に「物損事故でも同じように治療できます」と言われたと完全に信じるケースが多いですが、「通常は3ヶ月でむちうち は3ヶ月で終了です」と言われ困ったケースが多いのです。



痛みが取れてさえいれば全く問題ありませんが痛みが残っていた場合に面倒になります。人身事故で扱わなければ事故の状況の記録が警察にないからです。

人身事故の届け出をしないで自賠責が使えるのか?って問題があります。

これは使えるようです。ただ、」『人身事故証明書入手不能理由書』の提出が実用でありまた。人身事故ではないので軽微と判断され長期の治療が認められないケースがあります。



現在事故の治療で通院中の方は確認しても他方がいいでしょう事故から1ヶ月程度なら人身事故に変更が認められる場合もあります。

事故に遭ったらまずは診断書をもらい、警察に人身事故の届け出をすることをお勧めします。