腰痛|交通事故治療や肩こり・腰痛治療なら石渡整骨院へ

腰痛・ぎっくり腰

LOW BACK PAIN/CRANK

腰痛・ぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰

突然、腰が急に痛くなった方がいらっしゃるのではないでしょうか?
もしかしたら、それはギックリ腰かもしれません。
突然のギックリ腰でお悩みの方は、腰の治療に非常に強い当院にご相談してみませんか?
石渡整骨院に治療をしてもらったおかげで、自力で歩けなかった方でも歩いて帰れると、患者様から多くの支持をいただいております。

あなたは普段の生活により、突然腰痛に悩まされたことはありませんか?
一瞬激痛が走り、すぐに治るものから慢性的なものなど、腰痛には様々な要因と症状があります。
その中でも、ぎっくり腰は「急性腰痛」「椎間捻挫」とも呼ばれ、日常の何気ない動作で突然「グキッ」という衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われます。
荷物を持ち上げた瞬間、顔を洗おうとかがんだ瞬間、無理な体勢で寝て起きた瞬間など、ぎっくり腰は、なる人の数だけ原因があると言われており、腰椎が瞬間的にずれてしまい、腰の筋肉が負荷に耐え切れずに炎症を起こしてしまう腰痛です。

ぎっくり腰
ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰になってしまう要因は様々ですが、大きく分けて3つ挙げられます。
ただし、これらはあくまで要因の一つであり、実際には様々な要因が絡みあい、結果的にぎっくり腰になってしまうのが現状です。
ぎっくり腰の例をご紹介します。

ぎっくり腰、原因

腰痛をそのままのしておくと

IF YOU KEEP LUMBAGO AS IT IS

腰痛をそのままにしておくと

腰痛をそのままのしておくと

腰痛・肩こりなど、身体の痛みでお悩みの方は沢山いらっしゃると思います。
腰痛治療をせずに、そのままにしておくと、身体に様々な悪影響を及ぼします。
腰痛をそのままにしておくことで、引き起こされる症状について、いくつかご紹介いたします。

坐骨神経痛

「腰椎椎間板ヘルニア」・「腰部脊柱管狭窄症」などが原因で引き起こされ、比較的見つけやすいのが「坐骨神経痛」になります。

腰のあたりから、つま先まで伸びている坐骨神経は、人体の中で最も太く長い末梢神経ですが、この神経が圧迫されることにより、腰・お尻・ふくらはぎにピリピリとしたしびれ、強い張りを感じます。

坐骨神経痛
変形性脊椎症

年齢を重ねると現れやすくなるのが「変形性脊椎症」です。 症状が出ない場合もありますが、変形が進むと椎間板の変形も進んでしまい、慢性的な疼痛が生じます。 さらに、身体の可動域制限が生じてしまう可能性も高くなってきます。

変形性脊椎症
腰椎分離症・腰椎分離すべり症

スポーツ練習などで、何度も腰を回したり、反ったりすることにより起こるのが「腰椎分離症・腰椎分離すべり症」です。
分離症にかかっても、強い痛みはなく、日常生活に支障がないため放っておく方が多いですが、進行すると「すべり症」を引き起こし、神経根圧迫によるしびれや痛みが現れる可能性が出てきます。

腰椎分離症・腰椎分離すべり症

セカンドオピニオン

Second opinion

腰痛の原因は人により様々で、骨格のゆがみや整形外科の疾患だけが原因とは限らず、消化器官・婦人科系・循環器・泌尿器科系の大きな病気が隠れている場合が多いです。

原因・症状が異なれば、腰痛治療の方法も異なるので、「現在、腰痛治療を受けているけど、なかなか改善されない」とお悩みの方は、一度セカンドオピニオンを求めてみてはいかがでしょうか?

年代・世代ごとの腰痛

BACK PAIN BY AGE AND GENERATION

年代・世代ごとの腰痛

年代・世代ごとの腰痛

腰痛は、ご高齢の方特有の症状といったイメージが、もしかしたら強いかもしれませんが、今ではお子様から20代の方まで、腰痛に悩まされる方が幅広くいらっしゃいます。
腰痛を引き起こす原因は様々ですが、年代・世代ごとにその特徴が異なります。

子どもの腰痛

活発な子どもは腰痛とは無縁のように思えるかもしれません。
確かに、子どもは大人に比べ、ケガや疲労の回復が早いため、多少筋肉を痛めても、すぐに良くなることがほとんどです。
そのため、腰痛治療を必要としないケースも多々あります。

しかし、野球・サッカーといった日常的にスポーツをしているお子さまは、腰に負担がかかりすぎたため、腰痛を訴えることがあります。
腰痛といっても筋肉痛のような軽いものがあれば、椎間板ヘルニア・脊椎分離症になっている場合もありますので、注意が必要です。

子どもの腰痛
20代~40代の腰痛

働き盛りである20代~40代は、主に労働疲労である「血行不良」により腰痛を引き起こします。
体を動かすお仕事はもちろんですが、デスクワークも腰痛を引き起こしやすい環境にあり、労働によるストレスも腰痛の原因となります。

デスクワークによる運動不足で腰周辺の筋力が衰えると、それだけで腰痛を発症しやすくなります。
20代の頃は体の不調を感じないことも多いと思いますが、30代や40代に突入すると、腰痛治療を必要とするほど痛みに悩まされる場合もあります。

20代~40代の腰痛
50代以降の腰痛

50代、60代の腰痛としては、主に足腰の筋力低下や筋肉疲労・骨粗しょう症による腰痛が多くを占めています。 また、長年の生活習慣により骨格や骨盤が歪み、腰の痛みを引き起こすことも少なくありません。

ご高齢の方に多い症状として「坐骨神経痛」がありますが、これは坐骨神経の圧迫によって生じる神経痛の一種です。
そのため、日常生活の動作によるぎっくり腰が、坐骨神経痛を誘発してしまうケースもあります。
このように、腰痛の原因は年代・世代により特徴が異なります。
いずれ場合も早めの対処が大切ですので、早期腰痛治療を心がましょう。

50代以降の腰痛

腰痛治療器具のご紹介

INTRODUCTION OF BACK PAIN

腰痛治療器具のご紹介

プロテック(腰痛浮腰式治療器)

ぎっくり腰をはじめ、腰痛でお悩みの患者様は、家族などに小脇を抱えられながら、ご来院される事が多々あります。
しかし、腰痛を抱えた患者様でも、支えがあれば移動ができ、松葉杖をつくことで地力での歩行も可能な場合があります。
つまり「腋下で上半身の体重を支えてあげる」事により、腰への負担は緩和されるということがわかります。

このプロテックは、適用範囲が広いので、施術中の痛みが少なく、年齡問わずに施術することが可能ですので、安心です。

石渡整骨院

Osteopathic Clinic Ishiwatari

札幌市北区新川1条2丁目8-15

電話番号

Copyright © 札幌北区整骨院 | 石渡整骨院

メール、お問い合わせ フェイスブック